新着情報

◆2018/02/05
避妊以外の効果もバッチリの低用量ピルの情報を更新しました。
◆2018/01/15
望まない妊娠は不幸につながることもあるを新規投稿しました。
◆2015/10/21
生理痛が軽くなり胸が大きくなるの情報を更新しました。
◆2015/10/21
妊娠中や授乳時は服用ができないの情報を更新しました。
◆2015/10/21
喫煙者にピルを処方する資格がない!の情報を更新しました。
談笑する仲が良いカップル 手をつなぎ幸せいっぱいのカップル

避妊以外の効果もバッチリの低用量ピル

Pocket

ピルを服用する女性は少なくありません。
避妊するために服用する方もいれば、生理不順・月経困難症・子宮内膜症の治療・生理前症候群の改善にも使用できますので、婦人科に相談してみるといいでしょう。

子宮筋腫がある方は服用してはいけないという決まりがあるようなので、しっかりと診断を受け、処方してもらわなければなりません。
今は通販でもピルを購入できる時代となっていますから、気を付けていただきたいのですが、生理痛を改善するとか生理前症候群の改善を目的とする場合は、副作用のリスクもあるという事を忘れてはいけません。

生理を遅らせるためにピルを服用するという方法もあるのですが、その場合、吐き気が酷かったりする場合もあります。
副作用がキツくてツライという方もいますので、低用量のピルを処方してもらいましょう。

生理を遅らせるためのピルで避妊は可能?

旅行の予定を立てていたのに、生理が重なってしまう・・
そんな時には、生理を遅らせるための方法があります。
ピルを飲んで生理を遅らせるという方法ですが、低用量のピルなら副作用もなく安心して服用する事ができますからオススメです。

避妊の効果を喜ぶ女性

ピルというと、避妊効果があるという事でも有名です。
しかし、生理を遅らせるためのピルの服用で、同時に避妊効果もあるかといえば、そうではありませんので勘違いしてはいけません。
目的によって効果は違いますから、使用方法をしっかりと確認した上で服用するようにしましょう。

避妊用のピルはどういう仕組み?

ピルというのは女性が避妊目的で服用しますが、どういう仕組みになっているのか気になっている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

既に始めている方はご存じかもしれませんが、ピルを服用すると妊娠中と同じ状態になりますから排卵がストップするのです。
ピルにはエストロゲン・プロゲステロンという2種類の女性ホルモンが含まれていて、血液の中を循環します。
脳がそれを感じ取り、血液中に女性ホルモンが沢山あるという風に錯覚し、妊娠した体と認識し、排卵する必要はないと判断するため、排卵が起こらなくなるのです。

テレビ電話で避妊したのはナイショと口止めする女性

ピルは避妊用として知られていますが、生理不順の改善にも役立ちます。
生理の時期をずらしたいという方が婦人科を訪れて、ピルを処方してもらうというようなこともありますので、とても便利な薬です。

ピルは女性にとって重要な存在

ピルを服用した事がない方は、その効果や重要さがわからないかもしれませんが、コンドームでの一般的な避妊に失敗したというケースもあるはずです。
そんな時でも、ピルを服用する事によって妊娠しないようにする事ができます。

生理痛が酷くて仕事にも行けない・・という方も、ピルで改善する事ができますので、まずは婦人科で相談してみるといいでしょう。

アフターピル通販でも購入できるのですが、色々な種類があるようですし、体質的に合わないというケースもあるようなので、しっかりと診断してもらい、服用して下さい。

Pocket

▲PAGE TOP