新着情報

◆2018/02/05
避妊以外の効果もバッチリの低用量ピルの情報を更新しました。
◆2018/01/15
望まない妊娠は不幸につながることもあるを新規投稿しました。
◆2015/10/21
生理痛が軽くなり胸が大きくなるの情報を更新しました。
◆2015/10/21
妊娠中や授乳時は服用ができないの情報を更新しました。
◆2015/10/21
喫煙者にピルを処方する資格がない!の情報を更新しました。
談笑する仲が良いカップル 手をつなぎ幸せいっぱいのカップル

ピルは女性の身を守る

Pocket

低用量ピルを飲み続ければ、避妊効果を得ることができます。
薬なので、不安に感じる方も多いかもしれませんが、100%に近い確率で避妊に成功しますので、とても重要な役割を果たしてくれます。

コンドームを使うのがイヤだという男性も多いので、自分の身を守るためにもピルの服用は必要と考えていいでしょう。

男性避妊の代名詞とも言えるコンドーム
子供を産んで育てる能力がないという女性は、安易に性行為をしてはいけないと思うのですが、恋人ができれば行為に及んでしまうのも仕方がありません。

コンドームで避妊しても妊娠してしまう可能性はありますので、まだ妊娠するには早いと思っている場合は、経口避妊薬として知られているピルを服用しましょう。
副作用があると言われているので心配する方もいますが、低用量ならリスクも低く安心です。

ピルで性感染症は予防できない

ピルを飲み続ければ避妊効果があるというのはご存じだと思いますが、コンドームと同じように避妊効果と感染症予防の効果があると勘違いしている方もいらっしゃるようなので、気を付けていただきたいのですが、性感染症はコンドームで予防しなければなりません。

ピルは避妊するための薬ですので、性感染症の菌まで無くす事はできません。
体調を整える効果もあるので、人気となっていますが、生理不順の改善や肌荒れも治ると言われていますから、気になっている方は医師に相談し、服用しはじめてもいいんじゃないでしょうか?

Pocket

▲PAGE TOP