新着情報

◆2018/02/05
避妊以外の効果もバッチリの低用量ピルの情報を更新しました。
◆2018/01/15
望まない妊娠は不幸につながることもあるを新規投稿しました。
◆2015/10/21
生理痛が軽くなり胸が大きくなるの情報を更新しました。
◆2015/10/21
妊娠中や授乳時は服用ができないの情報を更新しました。
◆2015/10/21
喫煙者にピルを処方する資格がない!の情報を更新しました。
談笑する仲が良いカップル 手をつなぎ幸せいっぱいのカップル

喫煙者にピルを処方する資格がない!

Pocket

ピルを服用するためには、禁煙しなければなりません。
たばこを吸う方は、血栓症という副作用のリスクが大きいため、とても危険です。
喫煙が原因で死亡してしまう方もいらっしゃるわけですから、血栓症の副作用の可能性があるピルを服用して、たばこを吸い続ける・・となれば、そのリスクが上がってしまうのはあたり前のことです。

たばこを現在吸っている女性は直ちにおやめ下さい

医師に診断してもらってピルを処方してもらうのが基本ですが、現代は通販でもピルを購入する事ができるため、自己責任でピルを服用し始める方もいらっしゃいます。
死亡するリスクがあると、医療機関でも説明するはずなので、これから初めてピルを服用しようと考えている方は、一度医療機関を受診してみましょう。
医師によっては、喫煙者にピルは処方しないという場合もありますので、その際は禁煙する事を宣言するか、禁煙してから出なおしましょう。

不正出血や吐き気による症状

吐き気がするという副作用は聞いた事があると思いますが、浮腫んだり動機がしたりする事もあります。
人によっては不正出血するというようなこともあるみたいなんですが、妊娠しているときと同じ状態になりますので、つわりと同じような症状が出てしまう事もあるようです。

避妊するためなら我慢しなきゃと考える方もいますが、こんなツライ思いをするなら他の方法で避妊するという方もいらっしゃいます。
生理痛を改善するために低用量ピルを・・と考える方も、副作用の吐き気がツライという感じになると生理痛の改善にはならないはずなので、こういう場合は医師に相談してみるといいでしょう。

Pocket

▲PAGE TOP